L i s t   
ゴムバンド巻き療法
ゴムバンドの種類
 チューブ
 
・L(大)2m〜4m
 ・M(中)2m・5m
 ・S(小)2m
 ・指巻き用2m
 ワンタッチ
 ・腰用ダブル(穴あき)
 ・腰用チューブ(幅8cm)
 ・腰用シングル(幅5cm)

その他
 ・T型まくら
販売
 ・ゴムバンド販売



     



















     


















     



















チューブゴムバンド

症状に合わせて、様々な巻き方が可能なゴムバンド

 このバンドは、体に巻いて外すことにより、血液循環の改善、症状の改善・悪化防止などに効果があります。そして、太さ・長さ別に全身のあらゆる部位に、個人の状態・症状に合わせて、巻く強さを自由に変えて使用することが可能なゴムバンドです。

 また、症状の改善を他人(医師・施術師etc)のみに依存するのでは無く、自分自身でも改善させていく為(自己療法)の健康器具です。
種  類 このような方(症状)に *1
 
チューブ
(折径 3.9cm)
L(大) 2m 腰痛、椎間板ヘルニア、頭痛、肩こり、腰回し運動
L(大) 3m 腰痛、椎間板ヘルニア、頭痛、肩こり、 腰回し運動(大柄な方)
L(大) 4m 腰痛、椎間板ヘルニア、坐骨神経痛、脊椎分離症、脊椎すべり症、肋間神経痛、股関節脱臼、妊婦  


チューブ
(折径 2.5cm)
M(中) 2m 肩こり、五十肩、坐骨神経痛、手足の痛み痺れ、膝痛、手のこり、手足のむくみ、手足の冷え
M(中) 5m 姿勢の改善、肩こり、五十肩、咳、不整脈、不眠症、耳鳴り、坐骨神経痛、座りっぱなしの仕事、脊椎分離症、椎間板ヘルニア、肋間神経痛 


チューブ
(折径 1.8cm)
S(小) 2m 肩こり、五十肩、坐骨神経痛、手足の痛み痺れ、膝痛、手のこり、手足のむくみ、手足の冷え、腱鞘炎
 
チューブ
(直径 5mm)
指巻き用2m 手足の冷え、しもやけ、手足の痛み痺れ、腱鞘炎、バネ指、指の動きが悪い、外反母趾、足のかゆみ
改善用…一時的に、きつめに巻いて外すやり方をくり返す
  常時着用…かるく巻いて長時間装着

*1. 症状改善には個人差があります。


用 途
 1. 症状の改善
   きつめに巻いて、5〜10分程度して外します。そして、このやり方をくり
   返します。
 2. 良好な状態の維持
   かるく巻いて装着(長時間の装着ができます。ただし、衣服の上から装着!)
   します。又は、きつめに巻いて、5〜10分程度して外します。
   そして、このやり方をくり返します。
 3. 症状の悪化防止
   痛み・痺れなどある時、かるく巻いて装着(長時間の装着ができます。
   ただし、衣服の上から装着!)します。

特 徴
 1. 柔軟性に優れている為、筋肉の働きである血液循環の補助作用(筋肉の収縮に
   よる血液の絞り出し・筋肉の弛緩による血液の流れ込み)を助ける働きに優れる
 2. 全身のあらゆる部位に巻くことが可能
 3. 個人の状態・症状に応じて、微妙な強弱を付けて巻くことが可能

注意
 1. 状態の悪化している方は、かるく巻いても、巻いた部位(又、その部位の周囲)
   が大変痛くなることがあります。この場合は、ゴム巻きを中止して、状態が回
   復し巻ける状態になったら再開してください。
 2. きつめに巻いた状態を、数時間続けない(装着しない)でください。きつめに巻
   いた時、一時的には良好な感じがありますが、血液が筋肉から押し出される
   だけで、その後血液が流れ込みにくい状態が長時間続く為、状態がより悪化
   する場合がありますのでしないでください。
 3. かるく巻いて長時間装着される時、下記の事に注意してください。
   a. 素肌の上から直接巻かないでください。
     衣服(下着)の上から巻いてください。
   b. 汗によりかゆくなる場合があります。
     定期的に外して、汗をふき取ってから再び装着してください。

▲ ページトップへ



Copyright © 2008-2018 Kanemasu Seitai Sejutsusyo. All Right Reserved